燻製の時短アイテム!プロ御用達の脱水シート「ピチット」がスゴい!

燻製作りの重要な工程に「乾燥」があります。

これは燻煙前に行う作業で、食材の中にある水分を抜く工程です。

通常は干物用のネットに入れて風通しの良い日陰で干すのですが、夏場は気温が高いためにできないので、冷蔵庫で乾燥作業を行うのが一般的です。(冷蔵庫は湿度が低いので乾燥向き!)

ただしっかりと水分を抜くには結構時間がかかるんですよね。

一応食品なのであまり時間はかけたくない・・・

そんな時、大幅に乾燥時間を短縮するすごいアイテムがあるんです!!

それがオカモト株式会社の「食品用脱水シート ピチット」!!!

実際に豚バラブロック(ベーコン)で試したので、その効果をご覧ください。

スポンサーリンク

ピチットの効果!!

浸透圧脱水シートピチット

今回はこの豚バラブロック(塩漬け、塩抜き済み)のものをピチットで脱水したいと思います。

使用前のピチット。

中には水飴状の液体が入っています。コレが脱水のキモなんでしょうか・・・

なかに水飴状のものが

ピチットで豚バラを包みます。

食材を包みます

サイズがギリギリだったので、マスキングテープで止めています。

溝もしっかり密着

豚バラ肉は凸凹しているので、できるだけ密着させるように包みましょう。

段差や溝にもしっかりと密着させます。

しっかりと包んだら、念のためクッキングペーパーでもうひと包みして冷蔵庫に入れます。

一晩寝かせた結果・・・

水分がシートに移動してる

うわ、シートがぷるっぷるになってる!!

水飴状だったところに水分が入った感じ。不思議!!

恐る恐るピチットを剥がしてみると・・・

こんなに吸水!

うおーすごい吸水してる!!!

めっちゃ不思議!!!

肝心の豚バラ肉はと言うと・・・

脱水された豚バラブロック

干上がってる!!!笑

これはすごい・・・原理はよくわからないけど、ほんとに食品から吸水しましたね。

触ってみると脱水前のベタベタした感じがなく、肉が引き締まった感じです。

しっかり脱水&臭みを取りたいときに便利!

このように、ピチットを使うと食品から水分のみを吸水することができます。

同時に食品の臭さも取ってくれるようですので、時短+αの効果がありますね!

今回使ったサイズはミニサイズのシートなので大きな食材は包めませんが、なんと燻製用に大判サイズも発売されています。

やるなオカモト株式会社・・・!

でもSOTOいぶし処に入る食材だとレギュラーサイズのシートでいいかな?笑

ピチットシートがない場合!

すごく便利なピチットですが、ちょっとお値段が高いのがネック。

ピチットがない場合は、リードクッキングペーパーと新聞紙(またはキッチンペーパー)で対応します。

リードクッキングペーパーで食材を包む

まず食材をリードクッキングペーパーで包みます。

リードクッキングペーパーは一般的なキッチンペーパーとは違って食材にくっつきにくいので、ぜひ用意しておきましょう。

その上から新聞紙で包む

その上からさらに新聞紙またはキッチンペーパーで包みましょう。

水分が染み出る可能性があるので、3重くらいにしておいたほうが良いと思います。

冷蔵庫に入れる

食材を包んだら冷蔵庫に入れましょう。

1日から2日置いておけば、ある程度脱水ができると思います。

スポンサーリンク
燻製の時短アイテム!プロ御用達の脱水シート「ピチット」がスゴい!
この記事はいかがでしたか?
燻製いんふぉの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

最新の燻製情報をチェック!

facebookページでも情報をお届けしています。