シェアする

【おつまみレシピ】アスパラ春巻き。揚げ焼きで旬の素材を閉じ込めろ!

アスパラの春巻き
材料
  • アスパラガス・・・10本(長いものは半分にカット)
  • 生春巻きの皮・・・10枚(アスパラの大きさに合わせてカット)
  • 塩・・・小さじ2(アスパラを茹でる用)
  • 小麦粉・・・少量(水で溶いて春巻きの皮を接着させる用)
使用燻煙材
なし
所要時間
1.塩漬け なし
2.塩抜き なし
3.乾燥 なし
4.燻煙 なし
5.寝かせ なし

旬を迎えたアスパラ!!

実家に行ったらアスパラをもらいました。

と言っても太いアスパラではなくて直径1cmもないくらいの細いアスパラ。

実は先日Twitterでこんなレシピを拝見しました。

こんな簡単にできるなら試してみたいと思っていたところの、アスパラゲット。

春巻きの皮で巻いて揚げ焼きにするだけということで、早速やってみました!

アスパラの揚げ焼き春巻き の作り方

材料にはアスパラ10本と書きましたが、アスパラの太さだったりいろいろあると思うので、食べたいだけ用意します。

今回手に入れたアスパラは細いのですが、20本くらいあったかな?

それを半分にカットして使いたいと思います。

アスパラ春巻き

春巻の皮も大きいサイズしか売っていなかったので、これを1/4にカットして使いたいと思います。アスパラガスの大きさによって使い分けましょう!

春巻きの皮は適当なサイズにカット

アスパラガスを下ごしらえする

アスパラは塩で茹でる

アスパラガスを下処理します。

アスパラガスの下半分は筋が多く、根本は硬い部分があるので、硬い部分は切り落としてピーラーで皮を向きます。

水1リットルに対して小さじ2の塩を入れて沸騰させ、アスパラを1分半~2分ほど茹でます。

と、それっぽく書きましたが詳しくはこちらでご確認ください笑

アスパラのゆで方/下ごしらえ:白ごはん.com
いちばん丁寧な和食レシピサイト、白ごはん.comの「アスパラの下ごしらえ/ゆで方」に関するレシピページです。サラダなどの副菜にとても便利なアスパラ、その下ごしらえのやり方とゆで方を一工程ずつ、写真付きで丁寧に紹介しています。

アスパラを巻いていきます

細いアスパラは数本まとめる

春巻きの皮が小さくてアスパラがはみ出してしまいました・・・

アスパラが細い場合は数本まとめて巻いてしまいましょう。太ければ1本で!

くるくると巻いていき、最後は水溶き小麦粉をサッと皮に塗って接着します。

オリーブオイルで揚げ焼きに!

オリーブオイルで揚げ焼き

フライパンやスキレットにオリーブオイルを気持ち多めに入れて熱します。

オリーブオイルが全面に行き渡るように転がしつつ、全面を揚げるように焼いていきます。

きつね色になったら完成です。

アスパラ春巻きの揚げ焼き完成!!

アスパラの春巻き

こんがり焼き上げて、アスパラ春巻きの揚げ焼きが完成です!!

アスパラがはみ出しちゃってますが、本当は完全に包んだほうがアスパラの風味も逃げなくて美味しいかもしれません。

実食してみたところ、なかなか美味しい!!

春巻きのパリパリ感が堪らないですね~。

ただ、味がちょっと物足りない・・・

アスパラを巻くときに塩をちょこっと振るともっと美味しいかも!!

以前作った燻製マヨネーズにディップするとフワッと香って良い感じでした。

ほんと万能な燻製マヨネーズ・・・!!

【燻製レシピ】燻製作りの隙間産業!燻製マヨネーズを作ろう
【燻製レシピ】燻製作りの隙間産業!燻製マヨネーズを作ろう
燻製というと、肉・魚・チーズ・・・などなど主に単品で食べられるものばかり想像しちゃいますが、実はこんなものも燻製にできちゃい...

生ハム追加でバリエーション

生ハムも入れてみた

何故か冷凍されていた真空パックの生ハムがあったので、使ってみました。

せっかくの生ハムが勿体無い!!

なんて思われるかもしれませんが、実は賞味期限が半年も前の危険な一品・・・ずっと冷凍されてたものなので死にはしないでしょう笑

生ハムのかわりに薄切りベーコンを巻きつけたら完璧に居酒屋メニューですね!

春巻きは大きい状態を1/2にカットした長方形の状態で、生ハムを2枚使いました。

アスパラと生ハムの春巻き

しっかりと揚げ焼きにして、生ハムにも熱を通します。賞味期限がアレだったので。

これは生ハムの塩加減がいい感じで、さらに美味しさがUP!!

ビールが進むおつまみレシピでした。