シェアする

【燻製レシピ】燻製の基本・チーズの燻製!燻製向きの雪印6Pチーズ

いい色!
材料
  • 雪印6Pチーズ・・・1個
  • ブラックペッパー・・・適量
使用燻煙材
スモークウッド・サクラ
所要時間
1.塩漬け なし
2.塩抜き なし
3.乾燥 なし
4.燻煙 90分
5.寝かせ 30分

この燻製いんふぉではいくつか燻製レシピを紹介させていただいていますが、そういえば作っていなかった!という燻製メニューがあります。

それはチーズの燻製!!

もう燻製といえばコレ!というメニューですよね。

人気の秘密はやはり作りやすさ。事前に漬け込んだりする必要がないので、バーベキューやキャンプ上で、スモークチップがあればサッと作れちゃいます。

今回は別の燻製のついでに作ったので、スモークウッドで燻しました。

熱燻だとチーズが溶けてしまうこともありますが、温燻でのんびり燻せば溶けることもありません。

燻製チーズ の作り方

チーズってブランドによって溶けやすいチーズ、溶けにくいチーズがありますよね。

溶けやすいチーズだと熱燻でドロドロになってしまうので、燻製には溶けにくいチーズを使いたいところ。

よく言われているのは、チーズの種類ではプロセスチーズが燻製向き、特に雪印メグミルクのチーズが溶けにくいと言われます。

確かに以前、雪印以外のチーズで熱燻したところ、乗せていた金網と溶けたチーズが同化して取れなくなったことがあります笑

今回はスーパーで手軽に購入できる雪印メグミルクの6Pチーズを燻製にします。

雪印6Pチーズ

何も付けないプレーンと、ブラックペッパーをまぶしたペッパーチーズを作ります。

下準備は常温に戻すだけ!

とても簡単に作れるチーズの燻製ですが、ひとつだけ注意点。

冷蔵庫で保存していた場合は、常温に戻すこと!

冷蔵庫から出して、しばらく室内に置いて常温にもどしましょう。

ひんやり冷えたチーズを温燻・熱燻するとチーズの表面に汗をかいて酸味(エグ味?)が出てしまいます。

ブラックペッパーで味付けます

ブラックペッパーを付ける

チーズを常温に戻したら、ちょっぴり味付け。

何も付けないプレーンも美味しいですが、個人的にピリッと刺激のあるブラックペッパーをまぶしたチーズが好きです。

適当な器にブラックペッパーを入れて、上からチーズをギュッと押し付ければOK。

両面・側面にもつければピリ辛度アップ!

プレーンとブラックペッパー

6個入りなので、半分ずつにしました。

念のため、アルミホイルに乗せて燻します。

他の燻製のついでに燻します

燻煙対策

ささみの燻製のついでに作ったので、スモークウッドでじっくり温燻です。もくもく・・・

50度~60度くらいで90分ほど燻しました。

室内で燻製をする場合はしっかりと排煙対策をしましょう。

アルミホイルから外すのは冷めてから

いい色!

燻煙後はこんなにいい色に!!

温燻だったからから、雪印メグミルクパワーか、形もしっかりしてますね!

チーズとアルミホイルがくっついている場合は、チーズが冷めれば取れやすくなります。

燻製チーズの完成!

いい色!

燻し終わったら30分ほど寝かせます。

チーズが冷めるのを待つ感じですぐに食べれる頃合い。

燻製にはやっぱりビール!!

スモークチップを使った熱燻なら15分位で作れるし、この時間的な手軽さがいいですよね。